雨宿り

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

C83 購入CD感想①



こんにちは、もがなです。
ポケモンB2を絶賛プレイ中なのですが、チェレンさん強すぎじゃね?私弱すぎじゃね?
というくらい手こずっております…。

「ふるいたてる」怖すぎでしょ…!!
リオルさんがいなかったら即やられてたよ…!!

ただ単に私が弱いだけなんですがね(汗)
でも、FR・LG、P、Pt、Wをやってきた私にとってはかなりキツく感じました。
B2はなんとなく買うのを遅らせて、安くなってきた今くらいの時期…昨日買ってきました。

おかげで持ち金すっからかーん♪
ごめん、友人M。一緒に秋葉原行けそうにないぜ…。

変なテンションになってきましたが、
今回は先日レポしましたC83での購入CD感想を書かせていただきます!
タイトルにもある通り、①ということで10枚中2枚の感想です。

どちらかというと講評に近いので、いいところと悪いところを個人的に書きます。
そんなの読みたくない!!という方はお戻り下さい。また異論はお控ください。

たたみますので、クリックしてお読みくださいませ~。




 サークル=→サークル 様
   *→「CD名」
   数字(トラック順)、→曲名


サークル=arcane、しちごさん。 様

*蝶ノ在リ処

arcane753. Original Vocal Album 蝶ノ在リ処


1、千羽物語
ユズリハちゃんの儚さがよく表現されていると思います。霜月さんは静かな曲がかなり似合う…。心地よ過ぎて眠たくなります。
2、ツナギ蝶
歌詞は何だか寂しいのに、曲調は温かいです。蝶の哀れな舞い堕ちていく姿が目に浮かびます…。
3、譲り葉塚
解釈がよく解らなかった…(泣)いつも自分の元へ来てくれる蝶を待っているんですよね…?
ピアノの旋律が美しいです。
4、蜘蛛の居る沼
歌詞も曲調も暗め、かな…。聴いていると、寂しい何かが心中に残ります。
「ひぐらしの泣く頃に」をもう少し明るくすれば雰囲気ピッタリだと思います。
5、虚木ノ咎人
このCD唯一のロック曲です。最初のPUPIさんの歌声にすっげえビクりました。いきなりすぎて…(笑)
ユズリハちゃんとウツギくんが敵対してることがかなりくやしい…二人のNL見たいいいいいい!!!
6、はねやすめ
無情な気持ちになっていしまいます。ソロ楽器が少ないからか、ユズリハちゃんが孤独であることが強調されいる印象を受けました。
7、羽ノ無キ蝶
ユズリハちゃんと綾ちゃんの絆が感じられます。でも最後らへんが悲しいですね…。
8、譲り葉の下で~蝶の夢ゆめ
明るくはないですが、温かいです。日向ぼっこに当っているみたいで気持ちがいいです。眠たい…。
9、泣かない蝶々
我慢して泣かないのかな、それとも泣けないのかな。どちらかは分かりませんが何かに耐えているのかもしれません。どちらかと言うと後者に近い気がします…。
10、空木ノ穹
あれ、これもロックに分類されるのかな…?乱戦のイメージがあるので、ウツギくんの歌声も聴きたかったです…。
11、夜明けの旅へ
明るいです。大事な事なのでもう一度、明るいです。…歌詞は相変わらず痛々しいです。でも、2番は希望のような歌詞がありますのでやっぱり明るいのかな…。出会いの為の別れみたいで個人的にお気に入りです。
12、誰かに聴いた数え歌
上記1の綾ちゃん(真理絵さん)版ですね。こちらの方が寂しいです…。真理絵さん神や…。
13、冬空に舞う蝶
闘いのその後、という印象でなんだか温かいです。本当に冬みたいだ…。
霜月さんと真里絵さんで、同じ旋律でそれぞれ違う歌を唄っています。何だか眩しいですね。
14、蝶の在り処
グランドフィナーレ曲ですね。ロックではないと思いますが、ベースがいい味を引き出しています。
勢いがあるって言うのかな…。「全てを振り切って明日を歩いて行こう」という言葉が響いてくるようです。

~全体好評~
わずか14曲で、温かさや冷たさ、迷い、闘い、人間らしい色々な感情を描いています。
季節もかなり関係してるんじゃないかな、とほそぼそ思っていたり。

良:どの曲も込めたい気持ちがよく描かれていると思います。
素晴らしい曲ばかりですが、中でも14、蝶の在り処は本当にすごいです。聴いた瞬間から吸い込まれていくというか、世界観の魅力が半端ないですね。
悪:特に浮かばなかったのですが、気になる事と言えば、同じ言葉(引用)を一つの曲に何度も使ってしまっている曲があることですかね…。あ、あとウツギくんのボーカル曲が一曲だけ、というのは…(汗)
少しだけ気になりました。

全体的によくまとまっていると思います。
5段階評価中4はいくんじゃないかな…?同人CDなのにクオリティ高すぎでしょ!!
続編求ム(笑)


*CORDELIA

1、聖森
本当に森の中みたいです。霧で覆い尽くされた聖なる森。
まるで時が止まっているかのようで、不思議な雰囲気が漂っています。ボーカル無しの一曲ですがかなり好みを突かれています。
2、ロラン
ドツボです。聴いていて、生きていく時間を何と呼ぼうか、という言葉が浮かびました。
ポケモンでいうセレビィとスイクンが登場したあの映画を連想させられました…。
歌詞は何となく暗いですが、良い曲だと思います。アニソンでありそうだなあ…。
3、蛍火の川
何か可愛らしい曲ですね。歌詞もめっさ可愛いぃ…。純粋といいますか。
歌声がピアノととてもマッチしていて、落ち着きます。
4、コーデリア
Lizさんの曲は初めてなんですが早速ファンになりました。ふつくしいいいいい…。
この森に訪れた妖精からの視点…というような印象を受けたのですが、絶対に違うと思います(笑)
穢れのない、誰にも穢されることが許されてはならない、聖なる森。
そんな曲でした。

~全体評価~
初心に戻りたい方にオススメかもしれません。それくらい純粋な気持ちにさせてくれます。

良:ボーカル無しの1、聖森を入れたのが表目に出ました。しかも木漏れ日のような日の光の温かさも感じられていました。とても心地が良いです。
悪徳者はきっとこの森が霧で掠れて見ることが出来ないんじゃないかな。
悪:ただ一つだけ気になったことがありました…。聴いている限り、2、ロランと4、コーデリア で違和感があります。
小さいですが、「ブツッ」というノイズに近い音が若干目立ちます…。私のCDだけなのかな…?

神曲ぞろいでした。大満足の一品。
寝る前に一曲どうぞ、という感じの一枚です(笑)
このCDだけで小説かけそうです…。










こんな感じかな。どちらもバランスや曲順をとても計算されています。
少しでも「聴いてみようかな…」と思って下さったら幸いです。
それでは、今回はこの辺で。


まったね~。



スポンサーサイト
  1. 2013/01/07(月) 20:13:10|
  2. CDorゲーム感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<おうさま | ホーム | 設定(if)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tashumi2.blog27.fc2.com/tb.php/27-11c0470d

もがな→いろり(移行期間中)

Recent Entries

Archives

Category

Pixiv

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。