雨宿り

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

孤独


ノルンのこはるが健気すぎて泣きたい。
というか、サンボイ聞いてて泣きました(ガチで)

本当に純粋な子って、生まれたての無垢で何も知らない赤ん坊だけだと思ってました。
こはるもそんな風なのかな。でも、彼女は何も解らないからこそ、知らないことが多すぎるからこそ、
知ろうと努力している。ちゃんと意思があって、変わりたいと思っている。
そこが赤ん坊とこはるの違いですよね。

それに、こはるは本当の意味での"孤独"を味わっている気がします。
長い間誰にも頼ることが出来ずに生きてきた。
それは、助けを求めることも、支えてもらうことも、甘えることも…誰の手も借りずに借りることさえも出来ずに生きてきたってことですし…。

まあ、ひょっとしたら…ノルンに乗る直前に記憶を失くしてしまった、というのもありえるかもしれませんが…。
できれば、それは避けてほしいかなあ…。というか、もしも本当にそうだとしたら、体の記憶が覚えてるんじゃないかな?って考えられますし…。心の記憶が無くても体の記憶がある、ということは実際にあります。
ですがそう考えたとしても、こはるは無知すぎる。お釣りがでるくらいに。
だからちょっと不自然かな、と思います。教本を持ち歩いてる時点で、体自体の記憶が備わっていないことも解りますしね…。


まっすぐで、がむしゃらにでも前に歩もうとするこはるに憧れます。

ノルンに来たことで、きっとこはるは強い子に成長出来るんじゃないかな。
彼女の成長が楽しみですね。

駆さん、正宗さん、千里くん…こはるを幸せにしなきゃ…殺●ますよ?
ってくらいにこはるちゃんが大好きです。



個人的に、七海ちゃんも大好きです。寡黙系なのにあのモフモフ。性格は乙女ゲーには中々…いそうでいないような印象です。
深琴さんは…美人だけどちょっと…ツンデレ度がテンプレすぎ、かな?男性向けゲーをプレイしまくった私にはちょっと…。
でも、深琴さんはいいキャラをしていると思います!エニアのタイプ1かな?
タイプ1は、何と言うか…タイプ6に対しては世話焼きというか、苦労性というか…とにかく大変な性格の持ち主の方が多いですよね。
深琴ちゃんもそんな子なのかな?まあ、悪い部分も見なければ判定はできませんし…まだまだお預けですね。
なんせ、発売日まで一カ月以上もありますし(笑)


…やってみようか。予想で。
自分的に、ノルンメンバーをエニアグラムタイプ別に直すと…


こはる→タイプ6or9(攻略ゲー主人公はタイプ6が多いのですが、9の匂いがしなくもない。短所をもっとよく見ないと分からないです…)

駆→タイプ7(結構自信があります。興味をもって没頭する(楽しいことが大好き)+リーダーシップに富んでいる(人気者?)=タイプ7と予想)

千里→タイプ1or5or6(本気で直感です。分からへん…。1は物事をはっきりと割り切り行動する。5は知識を得ますが自分からは行動しない。6は自己意思が弱い方の鉄板中の鉄板。…5臭いなぁ。だとすれば、ウィング6?4らしくは余りないし…。彼は恋愛に関しては本気なら頑張ってくれる気がするので1も匂わせてほしいかな)

正宗→タイプ1or2or4or8or9(謎すぎます。リーダーシップを握りやすいのは自我が強いタイプ3なのですが、当てはまる要素が少なすぎる。なので、間をとって2と4…。読書が趣味らしいですし、感受性が豊かな方かもしれませんね。だとすれば、4、5辺りかな?でも人を育てることに向いてそうですし…タイプ1の可能性も…。8と9はほぼ勘です)

深琴→タイプ1(これも自信あります。母が丁度こんな感じですので(笑)姐御肌ですものね)

夏彦→タイプ1or2or3(…3の可能性はあると思うんです。支配者ぶっていますしね(笑)ですが、面倒見がいいと考えると…こんがらがります。)

朔也→タイプ6(ごめんなさい、私が苦手なタイプです…。べったりなセレブ犬は更に苦手です)

一月→タイプ4or7(マイペースでなだらかな性格だけれど、裏表がある所が私と似ているのと、興味があるものに飛びつく、という所が7の香りを感じさせます。)

七海→タイプ4or5(正直言って、私みたいです(笑)感情を滅多に表さない+台詞が痛々しい+悲観的な発想(意見、考え)からして私に似てます。6はまず有り得ないですね)


暁人→タイプ1(なんか…分かりやすい方ですね。深琴と似てます。割り切る+オカン+ツンデレな部分が何とも1らしい)

ロン→タイプ7or8or9(こちらも謎です。ディレクターの方が、「ロンは最初から最後まで変わらない」と仰っていたのですが、そんな事は絶対にある筈がないことです。人を変えるのは"出会い"だけなのですから…。そして、人を変えてしまうのもまた"出会い"だけ…。人を選ぶ物語とのことなので、強いアクのあるキャラクターなのだろうな、と思います。何を求めるのかでタイプが解るかもしれませんね)

平士→6or7(怖いもの知らず過ぎ(←褒め言葉です)ありがちなワンコキャラですね。そして、私にとっては脅威となるそのポジティブさ。でも行動力はありそうなので、7のような気がします)

空汰→タイプ1or4or7(良し悪しを見極める1は一つのことを極め、突き進むことが得意です。強気で人慣れが苦手な4は独創的な美的センスで周りを圧倒させる力を持ちます。好奇心旺盛な7は大抵のことをこなすことが出来る代わりに、他に目移りしやすく中途半端のまま終わらせてしまうことが多いです。
科学や発明には、数学的センスに特化していなければなりません。そして何かを生み出すことを無邪気な心で楽しむ感情も必要だと思います。それらから考えると、1、4、7のどれかに分けられます)







ん~…難しいなあ…。
面白いことに、個性的かつ他に類を見ない性格のキャラクターが多いからかタイプ6が異常に少ない(笑)

あ、夏彦は機械や発明に強いらしいですが、7の匂いはあまりしません。
なぜなら、タイプ7は全体的に明るい考えを持ち、一つのこと以外に目移りをしなければ知識を得ることが出来ないからです。
彼は、似ているようでかすっている。けれど全く似ていない、そんな真逆なキャラクターのような印象を受けました。


まあ、攻略したら解るんじゃないかな?
どのくらい当っているのか…楽しみですね。


長くなりましたが、今回はこの辺で。
追記は反省文みたいなことが書いてあるので、興味本位で見ないように。
それでは~






今回はエニアグラムの一部の関係性(1、4、7)を書かせていただきます。
間違っている箇所があるかもしれないので、ご了承下さい。あくまで、私が調べた結果等を基にしている程度ですので…。


エニアグラム9種類の中でも、特に人と解り合ったり付き合いをするのが苦手なタイプは1、4,7の3つだと教えてもらったことがあります。
ですが、その3つは、何かを創造する…新しい何かを生み出す、という新発想(刺激?)を求め、作り上げることを得意とする、異質でもある方が多いようです。
物づくりが大好きだったり、趣味とする方はこの3つが特に多い。その代わり、大勢で何かをするのは苦手です。
自分自身の世界に浸りたい、誰にも邪魔されたくない、という欲求が強いからです。

ただ、7は少し違うようです。
多勢に囲まれることが大好きなタイプ6さんの隣に居座っているからか、7も人気者であることを望みます。
ん~…難しい…。

私の家系は…父→タイプ6、母→タイプ1、姉→タイプ7、私→タイプ4という…人間的に非常に不器用な方が揃っちゃっています。
長期休み以外、姉は寮にいるので父、母、私の三人なのですが、父以外は自分の世界を歩む人種なので、大体自由に生きています。

父はいつも寂しそうにしています。「僕を見て!」という行動からの大袈裟なアピールが日々モロバレなので、あえてスルーしていますが。
昔は、私はそこまで彼を無視しているわけでは無かったのですが、学年が一つ上がるごとにモヤモヤとする居心地の悪い変な感情が彼に対して生まれ始め、育って行きました。
それは、同じクラスの友人にも抱いていたモノと全く同じだったのです。
「どうしてああしないんだろう」「どうしてみんな固まるんだろう」「どうして一人が駄目なんだろう」

私は、気がついたら他人と話すことや遊ぶことが苦になっていました。
二人(三人)一組ならまだしも、それ以上は精神的にも身体的にも辛く感じてしまう。
そこで母に相談し、エニアグラムを知って自分のタイプが分かり、自分なりに色んなことを覚えて学んで眺めました。

ちなみに何故私がタイプ4だと分かった理由は、血液型を調べるために病院に行ってかなり絞れたらしいです。
日本では、血液型は多い順だとA、O、B、ABになるそうです。つまり、AB型が日本では数少ない。
私の血液型は検査の結果、AB型でした。その時、嬉しくて溜まらなかったのです。
「何で嬉しいの?」と母に聞かれて、「特別だから」と私は答えました。姉もAB型で同じ理由で嬉しかったと言っていました…。
そこで大分絞られ、消去法や専門家の先生に相談してみたところ、私がタイプ4だと断定出来た、とのこと。
まあ…もし一般人なら「普通がいい」って言うのかな?それとも特に着目せず「へー」で終わりなのかな?
…つまらないなぁ。


私は、大した特別な何かを持っているワケでもないくせに、自我を過剰に大きく見せようとする方が苦手です。
更にいうと、付き合いたくありません。
ですが、そんなタイプ6の方が日本に多いのは仕方が無い、といつも自分に言い聞かせています。
自分が可哀そうだ、とは…変ですが思ったりもします。


自分に酔ったりしすぎると私という一つの人格を見失ってしまいそうで怖い。けれど、ソレを観てみたい気持ちも確かにある。普通の私でない私をもっともっと観たい。感じたい。

こういうふうに自分を見直すと、「ああ、やっぱり私ってタイプ4だな」ってどこかで安心します。
異質であることこそが、私にとって最高の聖地なのですから。
普通の器に収まりきらない独特の香りを醸し出したいと思っていますから。

おかしな事を長々と申し訳ありませんでした。
ですが、自分を見つめ直すことは磨くことにも繋がります。
美しい光を放つ原石は、沢山磨いたからこその対価です。強い輝きが増せば増すほど、人間として成長出きる筈。
今回の追加ページは、現在の私を見つめ直す為に書かせて頂きました。

気を悪くした方には申し訳ありませんでした。
まだまだ私は人間としては未熟なもので…、義務教育から抜けてまだ一年しか経っていないのです。
色々と至らない点がおありかと思いますが、どうかご了承くださいませ。


スポンサーサイト
  1. 2013/04/05(金) 00:41:06|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<イケメンって何だっけ。 | ホーム | ノルン全裸待機中。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tashumi2.blog27.fc2.com/tb.php/54-07273ff0

もがな→いろり(移行期間中)

Recent Entries

Archives

Category

Pixiv

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。